時効

時効について

時効について


時効とは、ある事実状態が一定期間経過することを要件に、その事実状態に合わせて、権利や法律関係の取得や消滅を生じさせる制度のことであり、取得時効と消滅時効の2種類あります。成立すると、本来権利のなかったものが所有権を取得したり、債務者は債務の履行を免れたりします。真の権利者にとっては不利益になってしまにも関わらず、この制度が存在するのは、長年にわたって継続してきた事実状態を保護するためや、権利の上に眠る者は保護する必要がないとういう考えに基づいています。
取得時効とは、他人の物や財産権を一定期間継続して占有していた者に、所得権などの権利を与える制度です。一定期間とは、占有を始めた時に、その物が他人の物であると知っていたり、または知らなかったことに過失がある場合は20年、他人の物であると知らなかったり、知らなかったことに過失がない場合は10年です。取得時効が成立すると、占有を開始した日に遡って所有権を主張することができます。
消滅時効とは、債権などの権利が一定期間行使されない場合に、その権利を消滅させる制度です。一定期間とは、債権の場合は、権利を行使しえる状態になった時から10年、それ以外の財産権(所有権以外)の場合は20年です。消滅時効が成立すると、権利は、権利者が行使しえる状態になった日に遡って消滅し、対象期間中に債務者が支払わなければならなかった利息や遅延損害金も支払う義務が消滅します。pet01_l