時効

時効について

時効の援用とは


お金の貸し借りを行った後、債権者と債務者の両方、あるいは債権者がお金のやりとりがあったことを忘れてしまうというケースがあります。これは個人同士の貸し借りだけではなく、金融業者と個人の間での取引でも起こりえます。
こういう場合、債務者はそのまま返済を放置していても債権者が思い出さなければ問題は起きませんが、たとえば、債権者が昔、債務者と交わした契約書を発見したといったことがあり、突然、債権者に返済をするように言われる場合があります。
ただ、こういったケースでは必ず返済をしないといけないわけではありません。金融業者と個人間でのやりとりであれば、お金を借りた時期が5年以上前で、最後の返済から5年以上経っていれば、債務は時効になるのです。つまり、返済をしなくても裁判を起こされて差し押さえをされるといったことはなくなるのです。
ただ、時効は債権者に対して意思表示をしないと成立しません。これは時効の援用と呼ばれるものです。時効の援用は書面にして、場所は債権者の自宅や、貸金業者であれば本社などに送ります。債権者は、時効は成立していないという証拠があれば、援用の書類を送られても裁判を起こせますが、もし援用が成立するのであれば、差し押さえは出来なくなります。pet02_l


コメントを受け付けておりません。